沿革

昭和6年2月 小山保太郎が、板硝子の卸販売を目的に、南区内安堂寺町において、合資会社小山硝子店を設立
昭和26年12月 会社組織を株式会社に改組、社名を大阪板硝子販売株式会社に変更
昭和48年7月 大阪東北地域の拡販、住宅産業メーカーへの供給基地として、枚方営業所を開設
昭和54年5月 間接部門、事務処理合理化として、総合事務管理EDPの導入
平成3年8月 建材関係の事業拡大として、本社建材センターを建設
平成10年1月 社内情報LANシステム、受注とTCS(トータル・コミュニケーション・システム)を確立
平成16年7月 東大阪地域の拠点として西畠営業所を発足
平成21年9月 枚方事業所にGXセンターを開設。ガラス切断機2号機を新規導入。エッジ加工機を併設。ラミネーター機新規導入。
平成22年7月 阪神地区の活動拠点として阪神営業所を開設
平成23年5月 阪神・播州地域をカバーできる活動拠点、愛地事業所を開設